Month: 7月 2017

[レビュー]新戦力ウォンドゥジェが期待以上の働き。2017J2 第24節モンテディオ山形戦

新戦力のウォンドゥジェが躍動

井原監督は慎重な監督であるので、新戦力に関しては短い時間から慣らしてから徐々に使っていく印象。
特にシーズンの半ばから加入した場合には長い時間をかけてチームに馴染ませる方法をいつも取っている。

6月の末にチームへの加入が発表されたウォンドゥジェは、「韓国の冨安」というアビサポ的には分かりやすい立ち位置の選手と理解して、長い目で見る選手だと考えていたけど、この試合でいきなりスタメン出場。
加入して1ヶ月経ち、トレーニングには長く参加していたとはいえちょっと驚きのスタメン。

それほど前節の敗戦に危機感を感じたのかなと勘ぐってしまった。

山形は前節湘南を破ってくれた相手で非常に恩があるけど、ここで連敗するわけにはいかない一戦。
だからこそ井原監督の采配には決意を感じる部分もあった。(もちろん戦術的な部分も大きかったと思うが)

Continue reading

[感想]悔しすぎてなんとも。2017J2 第24節徳島ヴォルティス戦

シーズンダブルをホームで達成される悔しさ

上位のチームにやられるならまだしも(それもいやだけど)、上回っている順位なのにシーズンダブルをうける悔しさは尋常ではない。
悔しいけど、今年の徳島は強い。良いサッカーをしている。
この事実は今年の一番のインパクト。

そして、僕らが思う印象の一つはこのTweetに凝縮されている。

Continue reading

[レビュー]ホームの借りをアウェイで返す。2017J2 第23節ザスパクサツ群馬戦

前回敗戦の悔しさを活かせるか

前回の群馬戦はホームで圧倒的にボールを支配しながら、ミスから3失点し、今シーズンワーストとも言える出来。
町田、群馬、金沢と下位にホームで敗れるパターンできてしまった感がある。

前節の金沢戦の敗戦は群馬戦が金沢のヒントになったのではないだろうか。下位チームが上位を倒す可能性が高いのもサッカーという不確実性の高いスポーツの醍醐味であるが、応援しているチームがそれだとなかなか悲しい。
金沢戦の敗戦、天皇杯で筑波大学にも不覚を取り、若干下降気味にあるチームが、このタイミングで前半戦に不甲斐なく敗れた群馬を相手に挽回のチャンスが訪れたのは面白い。

どういう心持ちで試合に臨むかを楽しみに試合を見た。

Continue reading

[レビュー]前半戦首位で折り返し!2017J2 第21節FC岐阜戦

下位に沈むも、得点力はある岐阜

大木監督が就任した今季、面白いサッカーを展開しているという噂の岐阜。
前節まで得点30、失点32という派手な数字を残している。
ちなみに首位のアビスパも得点30。同じ得点だけど、勝ち点の差はかなりあり。
前節もジェフに4-6で敗れるというネタのような試合展開をやっていたので、不気味といえば不気味。

そして、なによりあのシシーニョが初めてレベスタに来るということで、どんな選手か期待大。
シシーニョはアビスパに来てくれないかぁ。

もはやかなり有名。


Continue reading

© 2018 avispaholic

Theme by Anders NorenUp ↑