Tag: 名古屋グランパス

[感想]2017J1昇格プレーオフ決勝 アビスパ福岡vs名古屋グランパス

スタメン

昇格プレーオフ準決勝と全く同じスタメン。
こちらの図は5-4-1のように配置しているけど、この日は実際は3-4-2-1に近く、守備時に松田力と仲川のカバーする範囲が広い感じ。
この2人は守備面で非常によく頑張っていた。

感想

勝てば昇格、引き分けではダメという状況だが、リーグで最も得点力のある名古屋相手ということで難しいマネジメント。
これがホームだったら、得意な状況だったのかもしれないけどなぁ。

その中で、守備面は出色の出来だった冨安を中心に頑張った。
攻撃陣も、チャンスは作った。
序盤のプレスは良かった。

途中から続かなかった。そこが「自力で勝利を引き寄せるため」に足りなかった部分かもしれない。

まあしかし、シーズン後半戦の失速で「シーズン4位」の成績だったわけだし、終わったことは変わらない。
この日のつぶやきは記憶のために載せておこう。

サポーターは相変わらずいい雰囲気。

やり直そうぜ。

来年どうする感。

いろいろあったけど。

最後はこれですよ。

選手評(6.0が基準)

記憶のため。

GK杉山 6.5:またキックミスはあったが、無失点に貢献するセーブの数々。
DF駒野 5.5:もう少し攻撃でチャンスを作りたかった。
DF實藤 6.0:守備では一定の貢献も、攻撃面で良さを加えられなかった。
DF冨安 7.0:シモビッチへの雪辱を果たす。それ以上の出来。冨安こそが希望。
DF堤  6.5:守備でも、攻撃でも良さが出てた。
DF亀川 5.5:数々の攻め上がりも、最後のクオリティを欠く。
MF三門 6.0:良い守備と、タイミングを見た攻め上がりを見せた。
MF山瀬 6.5:立ち上がりは良い出来だったが、次第に失速。あのシュートが決まっていれば・・
FW松田 5.5:守備に奔走するも、攻撃面のクオリティが足りない。
FW仲川 6.0:最後の場面まで走り抜いたが、得点につながらず。

FWウェリントン 6.0:幻のゴールは、悔しいオフサイド判定。

途中出場
FW石津 5.0:いくつか惜しいシーンを演出するが、決定機にはつながらず。
MFウォンドゥジェ 5.5:實藤の負傷により登場。
FW城後 5.0:レジェンドのゴールは生まれず・・

さあ、来年。

どんなに苦しいときでも。

 

[レビュー]ゴールがまたもや遠い。2016年1stステージ名古屋グランパス戦

延期となっていた試合を木曜開催

先週、サンフレッチェに0-4での今シーズン初の大敗を喫してしまい、立て直しを図る試合だが、中3日という厳しい日程。

ナビスコカップも続き、試合感覚が短くなっているので、井原監督のローテーション起用が注目された試合。
小倉監督が今シーズンより就任した名古屋は、思った通りというか厳しい戦いが続いているが、FWシモビッチは当たりの補強となり、彼の活躍でなんとか勝ち点を拾っている印象。

前節、最下位の湘南にも負けているので、この試合も落とせない一戦となった。
 
Continue reading

© 2018 avispaholic

Theme by Anders NorenUp ↑